スチールラックの休日の連絡
物流・倉庫ラック
 

【メリット/デメリット】業務用スチールラックにキャスターは必要?

コラムキャスター

【メリット/デメリット】
業務用スチールラックにキャスターは必要?


家庭で使用するラックはキャスター付きの方が模様替えや掃除がしやすくて便利ですよね。 業務用スチールラックでも同じことがいえます。ファイルや資料など重たい荷物を管理しているからこそ、移動に手間のかからないキャスター付きを選びましょう。 今回はキャスター付き業務用スチールラックのメリットやデメリットについて触れたいと思います。



■業務用スチールラックにキャスターがついているメリット

まずは業務用スチールラックにキャスターがついていることで得られるメリットをご紹介します。

コラムキャスター

・キャスター付きの業務用ラックを使うメリット

<レイアウト変更しやすい>
書類の整理用に使用している場合、必要に応じて室内レイアウトを変更することもありますよね。キャスターのない大型の業務用スチールラックを動かすのは近距離でも重労働です。多くの人手が必要になるため、業務が滞ったり時間がかかったりしてしまいます。 キャスター付きであれば、レイアウト変更がしやすくなるのでおすすめです。 レイアウトを変更する際は、必ずラックから荷物を別の場所に降ろしてから移動させてください。移動中に荷物が落ちてしまうなど荷物の破損や事故に繋がりかねません。

<棚を外して分解する必要がない>
レイアウト変更の手軽さと類似しますが、キャスターのない大型の業務用スチールラックを部屋から部屋へ移動させる場合、一度分解して設置する場所で組み立てなおすという手間が必要になります。キャスター付きであれば、分解しなくても少ない人数で移動させることができるため、手間がかかりません。荷物を降ろすだけで本体の移動ができます。

<掃除がしやすい>
書類だけでなく備品などの管理をしている場合は、こまめに掃除をしないとほこりが溜まって不具合が起きることもあります。 キャスター付きの業務用スチールラックなら、軽く移動させることで手が届きにくいラックの隅や床の掃除を簡単に行うことができます。





■業務用スチールラックにキャスターがついているデメリット

反対に業務用スチールラックにキャスターがついていることで発生するデメリットはあるのでしょうか。こちらでデメリットと知っておきたいことについてご紹介します。

コラムキャスター


・キャスター付きの業務用ラックを使うデメリット

<転倒防止対策が必要>
固定式の業務用スチールラックの場合、アンカーで固定すれば転倒防止策がとれますが、キャスターがついているとアンカーが使用できません。移動のしやすさがメリットである反面、固定式よりも揺れに弱いため転倒防止策は必須です。日本は地震が多い国なので、転倒防止策は必ず行いましょう。

<キャスターの固定を忘れやすい>
配置換えなどをした後、うっかり忘れてしまいそうになるキャスターの固定。 固定をし忘れると、些細な振動で棚が動いてしまい事故に繋がりかねません。 移動を行う際は必ず移動後にキャスターが固定されているかどうか確認してから離れましょう。





 


■キャスター付き業務用スチールラックの選び方のポイント

それでは最後にキャスター付き業務用スチールラックを選ぶ際のポイントをご紹介いたします。

コラムキャスター


・耐荷重に合わせた動きのキャスターを選ぶ
耐荷重を超えてしまうと、キャスターは思ったように動いてくれません。そのため、使用する目的や収納する物の重さを考えて耐荷重に余裕を持たせて選ぶことをおすすめします。

・素材に着目することも大切
キャスターには様々な素材が使われています。例を挙げるとゴム製やプラスチック製などがあります。 耐荷重が大きいものはゴム製が多くなると思いますが、材質によって床材との相性があります。購入前にどのような場所で使用するのかを確認しておきましょう。

・使用する場所に合わせることも大切
クリーンルームや食材を扱う場所では、環境に適したキャスターのついたラックを選ばなければなりません。食品を扱う場所では塩害や浸水、湿度に強いウレタン製、クリーンルームではステンレス製にしなければならないなど、現場ごとに決まりがあるので、購入前に使用する場所で使える素材かどうか確認しましょう。

・業務用スチールラックにキャスターを後付けする場合は
既に購入済みのスチールラックにキャスターを後付けしたくても、ラックによっては取り付けができないものもあります。どうしても既存のスチールラックにキャスターを取り付けたい場合はまず、キャスターの取り付けが可能か問い合わせてみましょう。スチールラックのメーカーや品番などが分かれば調べる際にスムーズです。



★業務用スチールラックの利便性や後付けの手間を考えると、最初からキャスターがついているものを選ぶことをおすすめします。通販を利用すれば、豊富な在庫から目的に合う業務用スチールラックがすぐに見つけられます。一緒に転倒防止グッズも購入できるので、抜かりない安全対策が施せます。★

スチールラックのキタジマページトップへ

Copyright (c) スチールラックのキタジマ all rights reserved.
スチールラックのキタジマラック検索