物流・倉庫ラック
 

コラムインテリア調和

オフィスの業務用スチールラックをおしゃれに!インテリアとの調和を目指すには何が必要?

オフィスの業務用スチールラックをおしゃれに!インテリアとの調和を目指すには何が必要?


内装などにこだわったおしゃれなオフィスには、インテリアのこだわりが欠かせません。しかし、オフィスに求める内装と大容量のスチールラックはイメージが合わせにくいと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。おしゃれで統一感のある内装は、簡単なインテリアの工夫だけでもできるのです。 今回はおしゃれなオフィスにもマッチする業務用スチールラックのインテリア術についてご紹介いたします。



コラムインテリア調和

■おしゃれなオフィスの作り方

まずはオフィス空間を快適・おしゃれにするための基本について確認しましょう。

・統一感を持たせたインテリア選び
オフィスにアイテムを配置する際は、空間との調和に配慮しましょう。インテリアの色合いやデザイン、そして材質などがオフィスの雰囲気と馴染むことが理想です。 たとえば、清楚でシンプルな空間の中に、アンティーク調で重厚感のある家具を配置しているとどうでしょうか。この場合、家具だけが不自然に目立って浮いてしまいます。インテリア選びでは、各アイテムの連帯感だけでなく、空間全体に合わせた調和を考えましょう。 また統一性を考えるときはアイテムのみでなく、職場のイメージや雰囲気も重要です。ポップでカラフルなアイテムは空間に遊び心を与えますし、逆にモノトーンやグレーなどの色合いは知的・高級感といったイメージを抱かせます。統一感を考えるときは、会社のイメージとオフィス空間の相性もチェックしましょう。

・ゾーニングを意識する
オフィスをおしゃれにといっても、そこはやはり働く場です。ワーク環境は作業性に優れた「快適さ」が求められます。社員が働きやすいのはもちろん、業務の効率やセキュリティにも配慮してオフィス全体をデザインしましょう。ゾーニングを意識するとデザインしやすくなります。 空間づくりを進めるうえでは、以下を踏まえてインテリアなどの空間細部へと環境づくりを進めましょう。

.侫蹈△箜読屋の空間を目的や用途に分ける
各スペースの役割が果たせる点を考慮する

・開放感を持たせる工夫
開放感を備えたオフィスは作業効率を上げるだけでなく、利用する人を心地よい気分にしてくれます。職場スペースは人の動線が多く、長く使っていれば書類や資料が増えていきます。ものが増え過ぎると、息苦しいオフィスになりかねません。 オフィス環境を快適にするには、開放感が重要です。空間そのものを大掛かりに改良しなくとも、スチールラックなどを上手に使えば理想の空間が作れます。 だからといって開放感はおしゃれなオフィスの絶対条件ではないので、ワークスペースの目的に合わせて開放感の有無を検討しましょう。

・オフィス家具を詰め込み過ぎない
広々としていたはずのオフィスでも、実際に機器やインテリア家具などを配置すると圧迫感が出てしまう場合があります。アイテムを詰め込み過ぎないように、空間に余白を設けることを意識してみましょう。 空間の余白とは具体的に、人の動線にはものを置かない、空間に奥行きをもたせる、足元(床)にものを置かないといった小さな工夫です。

コラムインテリア調和

■おしゃれなオフィスにマッチした業務用スチールラックを選ぼう

収納ツールを選ぶポイントは3つあります。使いやすさ、業務のしやすさ、そして雰囲気とのバランスのよさです。スチールラックはこれらの要望を満たしてくれます。ここでは選ぶうえでのポイントを4つご紹介いたします。

・高さやサイズを考える
インテリア選びではサイズが大切ですが、この点はスチールラックでも同様です。スチールラックはサイズ展開も豊富なので、用途や空間に合わせて高さや幅が選べます。 まずは配置する場所を決め、次にスチールラックの高さ・幅・奥行きの3点を計測します。また、スチールラックで使用する各収納アイテムのサイズを統一すれば、配置したときに整然となり、オフィス内がスッキリとして見えます。

・色を考える
従来のスチールラックは無機質な金属製の骨組みが特徴で、色といえばシルバー色のイメージが強いのではないでしょうか。しかし実際は、黒や白をはじめ、さまざまなカラー展開があります。インテリアの色合いは空間の雰囲気に直結するので、空間と相性のよい色を選びましょう。 1つの空間に多種多様な色が混在していると、まとまりがなく騒がしい印象を与えます。スチールラックを選ぶ際は、室内のメインカラーと同系の色で合わせるのがおすすめです。アクセントカラーとして用いる場合は1〜2色までに留めておくことで、統一感のある空間に仕上がります。

・何を収納するのかを考える
オフィスでの収納物には資料や書籍、小物、オフィス機器などがあります。プリンターやパソコン、資料の保管箱はそのまま載せられますが、書籍や紙ベースの資料を並べる本棚として利用するときは工夫が必要です。 スチールラックは骨組みが剥き出しの構造なので、書籍を並べると棚から落ちたり、倒れたりする可能性があります。そんなときは背面板や側板があると便利です。 収納物が明確に決まっていない場合は、収納する可能性があるものの中で最も大きなサイズのものが収納できるスチールラックを選びましょう。

・メーカーを統一する
業務用スチールラックの購入は同じメーカーの商品に統一しましょう。スチールラックは同じような色でも、各種メーカーによって色合いが異なる場合があります。色合いに統一感をもたせる意味でもメーカーは統一するのが得策です。 また、収納物が増えた際は、後からスチールラックのパーツを買い足す場合も考えられます。メーカーを統一しておけば、追加購入もスムーズです。


コラムインテリア調和

■業務用スチールラックの収納のポイント

業務用スチールラックの収納はちょっとした工夫で使い勝手がよくなります。ここでは収納のポイントを3つご紹介いたします。

・大きいものは下に収納する
収納物を収めるときに上下に並べる順番を工夫すると見た目の印象が変わります。目線より高い位置に大きな荷物が並ぶと圧迫感が出てしまいます。収納するものは大きい順に下から上へ収納しましょう。 同じく、重いものほど下に置くのが収納の基本です。重いものを上に収納すると、怪我をする危険性があります。出し入れのことを考えても、低い位置に収納した方が使い勝手もよくなるでしょう。また、下段を重くすれば棚が安定し、棚のグラつきや収納物落下の防止策にもつながります。

・収納アイテムは統一性を持たせる
収納するアイテムの種類やデザインを統一しましょう。あえて小物を配置して遊び心を演出するのもよいですが、多過ぎると散らかって落ち着かない雰囲気になってしまい、オフィスとしての印象が台無しになりかねません。収納アイテムを揃える工夫で、収納棚だけでなくオフィス内に一貫性が生まれ、整って落ち着いた印象が生まれます。

・背面板や側板を付ける
業務用に限らず、スチールラックは骨組みだけのシンプルな構造です。だからこそ収納するものを選びません。しかし、書籍や資料を収納するとき、背面や側面にプレートが欲しい場合もあるでしょう。そんなニーズに応えて背面板や側板があります。背面板や側板を取り付ければ、書庫や一般的な棚と同じように使えます。また側面や背面をプレートで区切れるので、見せるものと隠すもののメリハリがつくのも利点です。 さらに背面板や側板を付けることで、通常販売のスチールラックと一味違ったアクセントになり、オリジナリティをもたせる楽しさもあります。

コラムインテリア調和

■業務用スチールラックと合わせて使いたいおしゃれな収納アイテム

最後に、業務用スチールラックと相性のよい収納アイテムを4種類ご紹介いたします。

☆ボックス系
業務用スチールラックと組み合わせる収納ツールの中で、最も使用される頻度の高い組み合わせがボックス系です。オフィスで使用する場合は、大量の資料や書籍類の保管をするときなどに活躍します。 それ以外にも、ボックス系の収納アイテムは空間の装飾にもなります。スチールラックに置いた際、視覚的にインパクトがあるツールなので、オフィス内のコーディネートとしても作用します。色や材質など種類が豊富なので、オフィスの雰囲気に合うものを選びましょう。

ボックス系アイテムの代表素材の相性をまとめておきます。
仝紙製…スタイリッシュで落ち着きのあるイメージ
▲肇織鸚宗張淵船絅薀襦▲ールなイメージ
L收宗γ歙宗張淵船絅薀襪農響燭淵ぅ瓠璽


☆バスケット
バスケットは中身が一目瞭然で分かりやすい点が最大のメリットでしょう。メリットを生かして見せる収納として活用できます。スチールラックと外観や作りが似通っているので、非常に相性がよいでしょう。 また通気性もよく、湿気を嫌う布製のアイテムや食品などの保管にも適しています。

☆ケースやトレイ
ケースやトレイは小物を収納するときに便利です。棚板がメッシュ構造のスチールラックは小物などが隙間から落下します。印鑑やクリップなど小さな事務用品の収納をしたいときに嬉しいアイテムです。 もちろん大きなものを収納したいときも使えます。ケースやトレイはサイズもさまざまな種類があり、用途に合わせて選べます。

☆フック類
フックの活用はメッシュ構造ならではの収納術です。S字フックなら小物掛けとして、バケットフックは、ちょっとした資料や雑誌を収めるのに便利です。 また、収納ではなく空間のアクセントを狙ったユニークな使い方もあります。フックを使って観葉植物などをかけ、空間に自然な温かさを演出するなど、オフィス内の装飾にも効果を発揮します。フックは収納のサブツールとしてだけではなく、工夫とアイディアで空間に遊び心を演出できるアイテムです。

■まとめ

スチールラックは、シンプルで空間を邪魔せず扱いやすいのが利点です。業務用スチールラックにはサイズや形状など豊富な種類がありますので、オフィスの収納を検討する際は、スチールラックも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

スチールラックのキタジマページトップへ

Copyright (c) スチールラックのキタジマ all rights reserved.
スチールラックのキタジマラック検索