物流・倉庫ラック
 

大容量の本を収納するポイント

業務用スチールラックは本棚におすすめ!大容量の本を収納するポイント

業務用スチールラックは本棚におすすめ!
大容量の本を収納するポイント

耐久性や耐荷重に優れている業務用スチールラックは本棚にもおすすめです。
特に会社で必要な資料や書籍はかさばりやすいので、業務用スチールラックの収納力を活かして整理整頓するとよいでしょう。
今回は、業務用スチールラックを本棚として活用する際のポイントについてご紹介します。

なぜ本棚に向いている?

■業務用スチールラックはなぜ本棚に向いている?

業務用スチールラックが本棚に向いている7つの理由を紹介します。

・本棚に適した業務用スチールラックがある
業務用スチールラックには、スチールラック本棚や書架といった書籍や資料などの収納を目的とした種類があります。収納力があり耐久性や耐荷重に優れているため、図書館や大型書店、大学などで使われています。
業務用スチールラックの種類は単式型と複式型です。単式型を背面に連結したものが複式型で、収納力が2倍になり耐荷重もアップします。設置スペースや書籍の数、重量に合わせていずれかを選ぶことが可能です。

・耐荷重に優れている
スチールラック本棚はスチール製なので耐荷重に優れており、専門書のように重量のある書籍を多数収納できます。
また、耐久性にも優れているため、買い替えの必要がなくなるという理由でスチールラックを本棚として選ぶ人も少なくありません。

・レイアウトを変更しやすい
スチールラック本棚は、棚板の数や高さを調整できるのでレイアウトも自由自在です。また、サイズも豊富にあり、通常サイズの本棚が置けない狭いスペースや、逆に配置に迷う広いスペースにも対応できます。

・インテリアとマッチしやすい
業務用スチールラックと聞くと、冷たく重い印象の本棚をイメージするかもしれません。 しかし、最近のスチール本棚は、シンプルな見た目のコンパクトタイプが主流です。どんなインテリアともマッチしやすいため、オフィスの雰囲気を変えずに設置したい場合にも適しています。

・組み立てと解体がしやすい
業務用スチールラックといっても、組み立ての工程はとてもシンプルです。種類によっては女性1人でも組み立てることができます。 また解体も簡単にでき、移動の際には分解して運べるので、引っ越しやオフィスのレイアウト変更にも対応しやすいでしょう。

・地震対策もできる
最近の業務用スチールラックは地震などに備えた安全対策を施すことも可能です。棚を支える柱に耐震性を上げるためのポールなどを付け足すことで本棚が固定され、安全性が確保できます。純正のポールを選べば見た目が大きく変わったり、圧迫感が出たりすることもありません。
オフィスなどで重量のある書籍や資料類を収納する場合は、より安心して利用するために地震対策を行いましょう。

・拡張性に優れている
大規模な資料室など、広いスペースに設置する本棚にこそ業務用スチールラックが最適です。種類によっては連結させて使用することが可能なため、組み合わせ次第で自由に収納範囲をカスタマイズできます。今後も書籍や資料の増える見込みがある場合は、拡張性に優れた業務用スチールラックを本棚として活用するのがおすすめです。

収納する手順

■書籍を業務用スチールラックに収納する手順

業務用スチールラックの収納力を最大限に活かして収納する手順を紹介します。

)椶鯤類する
まずは、今ある本を必要なものと不要なものに分類しましょう。 次に、必要な本は使用頻度によって以下の3つのグループに分類します。
  ●頻繁に使用する本、いつでもすぐに手に取れるようにしたいお気に入りの本
  ●使用頻度はそれほど高くないが定期的に見返したい本や飾っておきたい本
  ●めったに読むことはないが、また読む可能性がある本

最後はジャンル分けです。ノンフィクション、歴史小説、エッセイ、語学など、本のジャンル別に分類していきます。

⊆納する順番や場所を考える
せっかく本を分類しても、ただやみくもに本を並べてしまうと煩雑な印象になりかねません。整理された本棚にするには、本の高さや色などを考慮することも大切です。 具体的には、ジャンル別に分けた本を左右のどちらか一方から高い順に並べます。その後に色ごとにまとめると、きれいな本棚に仕上がるでしょう。

設置場所によっては空白を活用する
所有する本の数が多い、図鑑など厚みや重量のある本が多いなどの場合、本を詰めて収納すると圧迫感が出てしまうことがあります。倉庫のように本を詰め込んでも問題ない場所であれば構いませんが、オフィスのように人目に付く場所に設置する場合には工夫が必要です。 たとえば、あえて何も置かない空白の段を作ったり、時計や花などを置いたりする段を設けることで圧迫感が減り、やわらかい印象の空間を演出できます。実際の収納量よりもやや大きめのスチールラックを使用すると空白のスペースを作りやすく、今後本が増えた場合にも対応しやすいでしょう。

ど塒廚塀饑劼覆匹僚菠
本棚にうまく収納できない原因の一つに、不要な書籍を処分できていないことが挙げられます。長い間使わなかったものや、今後も使う予定が明確ではないものは思い切って処分を検討してみましょう。 また、本棚が整理された状態を維持するためには、本棚の買い替え以外のタイミングでも定期的に本を整理し直すことをおすすめします。

うまく収納するポイント

■業務用スチールラックに書籍をうまく収納するポイント

業務用スチールラックに書籍を収納する際は、これから紹介する4つのポイントを意識すると見た目も使い勝手もよくなります。

・表紙をディスプレイする
表紙のデザインが気に入っている書籍の場合は、あえて表紙を見せて収納するとおしゃれ度が一気にアップするのでおすすめです。周辺にどんな書籍が収納されているかをわかりやすくする効果もあるので、片付けや取り出しもスムーズになります。
表紙以外にも、社外向けに会社の商品を置くとさりげなくアピールが可能です。また、社内向けには社員旅行の写真や季節感のあるものなどを飾るとよい刺激になるでしょう。いずれにせよ、ディスプレイする場所は人目に付きやすいので、定期的に掃除したり置くものを入れ替えたりなど手入れも必要です。

・取り出しやすさ
どんなにきれいに収納しても、必要なときに取り出しにくいのでは本末転倒です。取り出しやすさに配慮しておかないと、探すのに時間がかかったり本が出しっぱなしになったりして、きれいに整頓できなくなります。書籍の収納にはスムーズな出し入れができるかも忘れないようにチェックしましょう。

・動線を意識する
本棚内の収納だけでなく、設置場所にも注意しましょう。搬入出が多い書籍の本棚は通路や出入口付近に設置すると便利です。また、他の家具類との位置関係を考えるなど、動線を意識した配置にすると通行の邪魔をしません。
本棚は1か所に設置するのではなく、使用頻度が高い人・場所の近くに設置するのが理想です。業務用スチールラックを導入する際は、動線をしっかり確保できるように配置エリア全体のレイアウトを見直すことをおすすめします。

・大切にしたい書籍は扉付き収納を使う
重要な資料を収納する場合は、見せない収納で大切に保管しましょう。扉付きの収納を活用すれば外部の人から見られるのを防ぐことができ、ほこりの付着や日焼けなどによる劣化を防ぐ効果もあります。

あると便利なアイテム

■あると便利なアイテム

業務用スチールラックに本を収納する際にあると便利な5つのアイテムを紹介します。

・カラーボックス
業務用スチールラックを本棚として設置する場合は、付近にカラーボックスを置くのがおすすめです。なぜなら必要な資料を一時的に保管したり、簡単な調べものなどをしたりする作業スペースになるからです。何度も取り出す手間が省けるので効率アップにつながります。

・収納ボックス
倒れやすい小さな本や自立の難しい雑誌類などには収納ボックスが便利です。サイズの異なる本を収納できるのでスペースを有効利用できます。
収納ボックスを選ぶ際は、本の重さに耐えられる丈夫な収納ボックスを選びましょう。また、何が収納されているかがひと目でわかるようにラベリングを行うと便利です。

・ファイルケース
ファイルはもちろん、雑誌類などを収納する際に便利なのがファイルケースです。倒れやすい本を立てて収納することができるので、形状が崩れにくく見た目もすっきりします。
ファイルケースはサイズやカラーが豊富にありますが、使用するケースの種類を絞ると統一感を出しやすいでしょう。

・ブックエンド
本の収納にブックエンドは不可欠です。空きスペースがある棚には、設置しておけば本が倒れてくるのを防いでくれます。
ブックエンドにはさまざまな種類があるので、本の重量などに合わせて使い分けるとよいでしょう。また、ブックエンドは狭い間隔で置くほうが安定感につながります。自立しない本が並んでいると倒れてケガをするリスクもあるので、少しでも不安定な箇所には設置しておくと安心です。

・インテリア
本がたくさん並ぶ本棚は、圧迫感が出やすく重い印象を与えてしまいがちです。そのような場合は、ブックエンド代わりにインテリア類を置くなどの工夫をしましょう。
圧迫感が軽減されるだけでなく、おしゃれな印象に早変わりします。空間にマッチした目立ちすぎないインテリアを選ぶとよいでしょう。

■まとめ

業務用スチールラックは耐荷重や耐久性などに優れているため、本棚に最適です。組立や解体も簡単なのですぐに利用でき、収納したい本が増えた際には連結して拡張することで対応できます。
また、少しの工夫や便利なアイテムを取り入れることにより、収納力をアップさせることも可能です。シンプルな家具として、どんな空間にもマッチするので幅広く利用されています。 スペースを有効利用してたくさんの本や資料を収納したいという場合は、業務用スチールラックの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

スチールラックのキタジマページトップへ

Copyright (c) スチールラックのキタジマ all rights reserved.
スチールラックのキタジマラック検索