物流・倉庫ラック
 

倉庫

倉庫内作業の課題とスチールラックを使った解決案


生産と消費を結ぶ倉庫業は皆様の生活を支える大切な産業。荷主からの預かった物品や社内の在庫を管理流通する為に非常に重要な役割を担っています。昨今では人手不足の問題や、倉庫の場所の問題など効率を上げるのがとても難しくなっています。倉庫の中を見直して効率の向上をはかりましょう。



スペースの確保を行う

倉庫

倉庫内作業を円滑に進めるうえで、あまり意識されていない事に入荷物の問題があります。入荷された物品を決められた保管場所へ収めるまでに置かれる仮置き場のスペースは充分に確保されていますでしょうか。倉庫を設計する際のレイアウトでは仮置き場のスペースがあまり確保されていない事がよくあります。仮置き場のスペースを大きく確保する事で決まった保管場所への収納作業がスムーズに行われる為、作業効率が上がる要素でもあります。もし仮置き場が小さいようでしたらレイアウトの見直しも一つの手段ではないでしょうか。



スチールラックの保管住所が設定されているか

倉庫

倉庫

倉庫

中量ラック
シリーズ

計画的な作業を行う為に必要な事が物品を探す時間の短縮にあります。倉庫内の保管場所に識別番号や住所が設定されていますでしょうか。棚の配置場所、棚の段数全て番号を付けていきますと、どの場所に、どのサイズの、どの物品があるのかが把握出来るようになり結果、作業をしやすい環境になります。また管理者が新人を育成する時も初めに識別番号から覚えてもらうようにすると一人前になるまでのスピードも短縮される傾向にあります。



載せている製品に対してスチールラックのサイズが最適であるか

倉庫

倉庫

倉庫

パレットラック
シリーズ

倉庫に設置されたスチールラックは本当に最適なサイズになっているでしょうか。倉庫の賃料は主に使用面積に対して計算されます。商品を縦に積み上げる分に関しては賃料は計算されないものです。作業の効率や費用に対する効果を上げる為に、スチールラックやパレットラックの各段に無駄な空間が出来ていないかを見直してみましょう。段数の増減や位置の変更を行う事で効率が大幅に向上したという、ケースも多く報告されています。



スチールラックのキタジマページトップへ

Copyright (c) スチールラックのキタジマ all rights reserved.
スチールラックのキタジマラック検索